1. HOME  >
  2. □美文字の書き方・コツ  >
  3. 『九成宮醴泉銘』は私の憧れの“楷書”です。

『九成宮醴泉銘』は私の憧れの“楷書”です。


レッスンを受講されている生徒さんに、

「私は先生の書かれる“楷書”が好きで、憧れです」

「先生のような“楷書”を書けるようになるのが私の目標です」


このようなことを言われる方がいらっしゃいます。

 マニアックな方がいらっしゃるものですね(笑) でもとっても嬉しい!

 


確かに私は“楷書”が好きです。

今までたくさん練習もしてきました。
楷書はごまかしや小手先のテクニックが効かない難しさもありますが、
そこがまた面白いところ!

 


下の写真は、私の事務所に飾ってある小筆の楷書の作品です。

今まで「大筆の作品」もいくつか書いてきました。

もしかしたら、それを飾った方が見栄えがするのかもしれません。


しかし、地味でも私はこちらを
飾りたいかな!?

  “好き”だから!

113

 

『九成宮醴泉銘』(きゅうせいきゅうれいせんのめい)

 

中国の石碑の文字ですが、内容や詳細は割愛いたします。


約1500年前に中国で書かれたものです。

1500年前とはいえ、この字は私にとって最高の憧れであり、お手本です!

115

 

こういったお手本を見ながら、大きな紙に書いていったのですが…


「失敗したらやり直し」という緊張感の中、
何とか本番は1回で書けました(汗)

 

そのかわり準備にはたくさん時間をかけましたが。

 


まだまだ未熟な技術ではありますが、これからも楽しく頑張っていきたいです。

 

そして私なりの想いや、書き方のコツなどを興味のある方に伝えていければ嬉しい!

九成宮jpg

 



今年は美文字になりたいと思っている方!
ペン字のマンツーマンレッスンに挑戦してみませんか?
まずはお気軽に体験レッスンを受講してみて下さい。

教室での対面レッスンは
こちらより

Skype(スカイプ)レッスンは
こちらより

新着情報

カテゴリー

Skypeレッスン
アメーバブログ
美文字塾ブログ

メルマガ紹介動画

メルマガ登録はこちら

PAGE TOP