1. HOME  >
  2. □美文字の書き方・コツ  >
  3. 「ひらがな」はお尻をキュッと引き締めると美文字になる!?

「ひらがな」はお尻をキュッと引き締めると美文字になる!?


私は美文字のレッスンを受講される生徒さんには、
必ず「ひらがな」の書き方の基本レッスンを行ないます。

 

それくらい「ひらがな」が上手く書けない大人の方が多いのです。。

 


しかし、正しい方法が分かれば
すぐに成果がでるのも「ひらがな」です!

 

皆さん書き方を知らないだけですし、

それを分かりやすく理解できるように説明するのが私の役目。

 



さて、生徒さんの書かれる「ひらがな」を見ると、結構共通する部分があります。

 

それが、「ひらがな」のお尻?の部分。

これが皆さん“大きくて丸い”のです!

 

こちらは男性の生徒さんが書いた「ら」
37

下の右カーブを見ると分かりますが、

何となくお尻が大きなイメージに見えます。

 


お尻をキュッと引き締めるように書くと
このようになります。

見た目の印象が全然違いますね!?

 39




「ら」と似たような字に「ち」がありますがこちらも同様です。

また「き」も書き方の違いをご覧下さい。

 

 36



お尻をキュッと引き締めるように書きます。

 

 41




「を」も同様です。お尻の部分が大きい。。


38




40

 

 



「と」や「こ」もお尻がドデン!と大きいと子供っぽい字に見えます。
 35

 

お尻をキュッと引き締めます。

 42



あなたはどのような「ひらがな」を
書かれていますか?


お尻の部分がドデン!と大きくなっていませんか?

 


「ひらなが」のお尻の部分は、
キュッと引き締めるように書いてみましょう!

それだけでも大人っぽい美文字に変わりますよ。

 


 

「美文字になりたい方、あなたの字を私に見せて下さい!」


癖を直して、コツを無駄なく覚える美文字の“ピンポイントレッスン”は、
上達への最短コースです。

まずはお気軽に無料体験レッスンを受講してみて下さい。

教室での無料体験レッスンは
こちらより

無料Skype(スカイプ)体験レッスンは
こちらより

 

新着情報

カテゴリー

Skypeレッスン
アメーバブログ
美文字塾ブログ

メルマガ紹介動画

メルマガ登録はこちら

PAGE TOP