1. TOP  >
  2. 漢字の書体から学ぶ美文字への意識

漢字の書体から学ぶ美文字への意識

普段何気なく使用している文字は、遥か昔から物ごとを伝えるために使用されていました。石に刻まれたり青銅器に刻まれたりしていましたが、時代が進むにつれて現代ではペンで紙に文字を書くようになりました。「文字を書く」という目的が生まれてから道具が変化するのと同じく、現在使用されている漢字も歴史が進むにつれて、より美しく書くための書体も変化しました。

篆書(てんしょ)

書体の中で最初にできたものが篆書であり、古代文字と言われる種類の中で1番長い歴史を持っています。左右対称で縦長という特徴的な文字のため、記号のように感じるかもしれませんが、美しい篆書は日本のパスポート表紙部分、ハンコなどに使用されています。

隷書(れいしょ)

実用的でなかった篆書の複雑さを無くし、効率良く書けるようにと考えて作られた書体です。隷書の字形は平らになっていて、楷書ほど左右のバランスは整っていないため、多少の歪みが生じてしまいます。身近な隷書では、日本円の紙幣に使用されています。

楷書(かいしょ)

篆書・隷書と文字の実用性を考えて変化する中、最も整理されたのが楷書です。点や線を崩さずにはっきりと書かれており、漢字学習の際にも元となる書体で、現代で使用している書体の基本と言えます。一言で言えば隷書のバランスを整えた美しい書体です。

草書

楷書と同じように隷書を主体として誕生した書体ですが、画数を少なくすることで、より素早く書くことができるようになりました。省略されている部分も多く、現代では一般の方が読み書きするには難しい書体でもあります。とはいえ、形を崩して自由に書くことができる草書は、個性を表現することもできるので、芸術としても楽しまれている人気の書体です。

書道の魅力に触れてみたいという方は、名古屋市の新駅近くに書道教室を開催している、美文字塾へご連絡ください。芸術家のような文字を書く訳ではありませんが、文字をきれいに書くことの魅力を実際に体験しながらお伝えします。そのため、書道教室で1人1人が充実した時間を過ごせるように、少人数制やマンツーマンの指導にこだわって開催しています。

また、書道教室以外にもペン字や、ペン習字講座なども開催しています。文字の美しさは、ビジネスシーンだけでなく、プライベートでもあなたの印象を良くする手段の1つです。スカイプを使用した通信講座も開催しているので、ご自宅で練習をしたいという方にもおすすめです。

Skypeレッスン
アメーバブログ
美文字塾ブログ

メルマガ紹介動画

メルマガ登録はこちら

PAGE TOP