1. HOME  >
  2. ◆書道・篆刻 作品集

『富貴尊栄』 新築祝いの掛け軸を書かせて頂きました。


福岡の友人の新築祝いの掛け軸を書かせて頂きました。

言葉は『富貴尊栄』(ふうきそんえい)


作成にあたっての詳細や裏話、
また写真はアメブロに公開しておりますので、
ご興味のある方はご覧ください。

 作品作成の裏話Part①

作品作成の裏話Part②


DSCN0970[1]

 

 

『九成宮醴泉銘』 (きゅうせいきゅうれいせんのめい)


私の憧れの書です。

中国の唐の時代に欧陽詢(おうようじゅん)が書いたものを
一部ですが、臨書(りんしょ)しました。

臨書…真似をすること


1500年以上も前に書かれた作品ですが、
現代でもこの書体は「楷書の教則」と言われ、
書を志す人の最高のお手本となっています。



作品を書く際、少しでも曲ったら台無しですので、
すごく神経を使ったのを思い出します^_^;
 

九成宮jpg

書道作品③

 

 

作品3

書道作品②

 

作品2

書道作品①

 

作品1

作品1

結婚式の余興で書いた作品 『愛燦燦』


以前、友人の結婚式の余興として、お祝いの言葉を書かせていただきました。

色々考えた末、言葉は『愛燦燦』(あいさんさん)


何を書こうか? ずっと考えていたけど、全然決まらない中

テレビを見ていると、偶然 美空ひばりさんが歌われている“愛燦燦”の映像を見ました。

そして、「これだっ!!」 って直感で決めました。
一瞬で、圧倒的な存在感と歌唱力に魅了されたのです!

 

 


写真からは分かりませんが、
目の前には30名くらいの人が取り囲んでいるんです・・・

実はめちゃくちゃ緊張してるんですよ(笑)

トップページ写真1

 

 

 

 

 

 

 

 トップページ写真2

 

 

 

 

 

 

 

トップページ写真3

 

 

 

 

なんとか無事に書きあげることが出来ました!

この言葉に込めた想いと、
友人との思い出やエピソードをお話させて頂きました。

愛燦燦

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『光華』(こうか)


私の好きな言葉の1つ、『光華』(こうか)

“美しい輝きを放つ” というような意味です。


「篆書(てんしょ)」・・・2000年以上前の文字で書いてみました。

光華

 

 

 

書いた作品をパソコンで加工して遊んでみると、
何となく良い感じに☆

光華 金

命名書 『龍生』くん


命名書を書かせていただきました。

 『龍生』くん


元気いっぱいに育ちそうな、カッコ良い名前ですね!

 

命名書1

新着情報

カテゴリー

Skypeレッスン
アメーバブログ
美文字塾ブログ

メルマガ紹介動画

メルマガ登録はこちら

PAGE TOP