1. HOME  >
  2. □セミナー・企業研修

聴覚障害者への美文字講座に向け「手話」の練習を再開!

今年の1月31日に、名古屋市の名身連聴覚言語障害者情報文化センター

からのご依頼で、1日「美文字講座」を行ないました。

 


自分の言葉で伝えることができない…


初めての経験でどうすれば良いか分からず、すごいプレッシャーを感じたのを思い出します。

 


もちろん手話通訳士や要約筆記者の方々がお手伝いをして下さるのですが、
やはり自分の力でもコミュニケーションを取りたいという思いがあり、
11月から約3ヶ月間、ひそかに手話の練習をしてきました。

 

すぐに何とかしたかったので、多少は金額がかかっても、
手話のマンツーマンレッスンをして下さる先生を探してレッスンスタート!

 


マンツーマンは、私の想いや目的、そして必要なことのみを
ムダなく徹底的に習うことができます。

 

また何よりも、耳が聞こえない方々の生活や文化について、
事前に色々と
聞くことができたのが勉強になりました。

 


たったの3ヶ月ですが、ド素人の私がどれだけの手話ができるようになったか?

ご興味のある方は前回のブログをご覧下さい。

      ↓

【動画】美文字講座、“手話”で自己紹介!


26
 


この1日だけのためですが、手話の練習はもちろん、
講座のカリキュラム・スライドの作成など、かなりの時間をかけて準備をしました。

 

何しろ初めての経験ですので、分からないにも色々想像しながら

準備をして、当日に臨みました(汗)

 

そんなこんなで、何とか無事に「美文字講座」が終了した時は、
本当にホッとして、またグッタリしたのを思い出します(笑)

 



そして3ヶ月くらい経過したある日、

名身連聴言センターの職員の方より、お電話がかかってきたのです!?

 

「6月から、5回連続の美文字講座をお願いしたいのですが宜しいですか?」

 

という訳で、また手話の練習を再開!

 


あれ以来、まったく練習もしていないので、

覚えた手話もほとんど忘れてしまってる。

また、手も全然動かない。。

 

どうなることやら… ですが…

 

頑張ります(^_^)!

3

 


【ひらがな無料動画プレゼント実施中!】
「誰に見られても恥ずかしくないような “ひらがな” を書けるようになりたい」

このように真剣に思われているあなたのために、このたび
『動画で学ぶ“ひらがな46文字”完全マスター!』
無料でプレゼントいたします。


ペンの動きを見ながら説明を聞くと 、頭でイメージができて、とても分かりすいですよ。
すぐに10本分の動画URLをお届けいたします!


ご希望の方はこちら
より宜しくお願い致します。

  ※YouTubeには「一般公開」しておりません
 また予告なしに削除することもございますので、
 ご興味のある方はお早めにご登録ください。

『動画で学ぶ“ひらがな46文字”完全マスター!』

あ

 



「美文字になりたい方、あなたの字を私に見せて下さい」


癖を直して、コツを無駄なく覚える美文字の“ピンポイントレッスン”は、
上達への最短コース!


まずはお気軽に無料体験レッスンを受講してみて下さい。

教室での無料体験レッスンは
こちらより

無料Skype(スカイプ)体験レッスンは
こちらより

「封筒」に宛名を書くのに適した筆記具とは?

先日、美文字の企業研修の中で、

実際の会社の封筒(大)(小)に宛名を書く練習をしました。

32



まず実際に働かれている社員の皆様に、

 

「会社の封筒を書く時は、どのようなペンで書かれていますか?」

 

このようにお聞きしたところ・・・

 

多くの方が、「ボールペンで書いています」と答えられました。

 


どんな筆記具を使用すべきか、特に
“これが正しい”という正解がある訳ではありません。

 

ただ、封筒に字を書くということは、

宛先に届くまでに、郵便局の仕分けの方や郵便配達の方も見られます。

 


そう思うと「読みやすい」ことが、何よりも大切!

 

読みにくい字を書いて間違いが起こることが1番怖いですね。。

 


「読みやすい」ということは、丁寧な字を
書くことはもちろんですが、

“筆記具(ペン)”を変えるだけでも、読みやすくなりますよ。

 


下の2枚の封筒を見比べれば、違いは一目瞭然だと思います。


2


1

 

①は“ボールペン”で書いたもので、

②はこちらの“プラマンペン”で書いたものです。

※私はこちら「ぺんてる」のプラマンペンを愛用しています JM20-AD

 

プラマンペン2

このように、少し太くて濃いペンを使用するだけで読みやすくなります。

だから、間違いを減らすことができる。

 


また、

封筒の宛名が太くて濃く書かれていると、書き手(あなた)の“自信”も相手に伝わります。

 自信を持った字を書くことも、仕事においては大切なことですよ!


大きな封筒に書いたものを比べると、伝わる印象がこんなにも違います。

 

 7



6

 



研修では、実際の封筒を使用して書きながら違いを感じて頂きました。

 44



ちなみに、

複写紙になっている「送り状」には、プラマンペンは使用できません。。

 

ボールペンにも色々な種類がありますが、私は細めのボールペンが書きやすいかな!?

 
4


 

「美文字になりたい方、あなたの字を私に見せて下さい!」


癖を直して、コツを無駄なく覚える美文字の“ピンポイントレッスン”は、
上達への最短コースです。


まずはお気軽に無料体験レッスンを受講してみて下さい。

教室での無料体験レッスンは
こちらより

無料Skype(スカイプ)体験レッスンは
こちらより

キムラユニティー様にて「美文字研修~応用編~」を開催

 
2016年4月15日(金) キムラユニティー株式会社 稲沢営業所様にて
「美文字研修~応用編~」を開催いたしました。

3月16日(水)に第1回目として、「美文字研修~基礎編~」を開催。


第1回目のアンケートを参考にして、リーダーたちと打ち合わせを行いました。

多くの方の希望や想いは、「自分の名前がキレイに書けるようになりたい!」です。

・名前の書き方をもっと教えてほしい
・個別に名前の書き方を教えてほしい

このような希望が多かったです。


そういった希望もふまえ、今回の応用編では、
名前の書き方の説明や練習に、時間をけっこう使いました。
  34  

ただ、練習するだけだと、あまり緊張感がありません。
今回は企業研修ということもあり、多少のプレッシャーも必要!

ということで、前半の最後には、順番に「芳名帳」を書いていきました。

このように薄いピンクの綺麗な和紙を使用することで、
皆さんの緊張感は倍増(苦笑)
48


皆さんとても真剣です!

私は受講者の方の周りを常にまわっています。
そしてできるだけ目の前で、実際のペンの動きを見せながら、
コミュニケーションをとりながら行なっています。
 39
50


名前ですので、出来上がりの写真の掲載は控えますが、
皆さん、とても上手に書かれていました!

「こんなに真剣に名前を書いたことはありませんでした」

「こんなに字を書いたことさえありませんでした(笑)」

このような感想を言われ、頑張った充実感の中で、グッタリお疲れな様子。。




自分の名前はこれからもずっと書き続けます。
どうせ書くのであれば、「丁寧に」はもちろんですが、「キレイに」書いてほしいです!

丁寧に、且つキレイに書かれた字を見ると、あなたの自信が伝わります。
またそれは、真剣に仕事に取り組む姿勢として、相手に伝わるはずです。

美文字の練習をすることで心を磨き、あなたの価値を高めましょう!


※この記事をもっと詳しく見たい方はこちらよりご覧ください。



美文字セミナー・研修に関するお問い合わせやご依頼は
こちらよりお願い致します。

企業研修 『輝く女性のための“美文字”研修』


2016年3月16日(水)に、キムラユニティー株式会社 稲沢営業所様にて
美文字研修を行ないました。
※社名の公開については、承諾を得ています

“なでしこプロジェクト”と言って、
社内で「女性のキャリアアップを目指そう」という活動の一環で、
研修企画・交渉・運営まで、すべて女性が行われます。

そのプロジェクトの企画として、私に連絡をして頂いたこと、
とても嬉しく思っております。


2名のリーダーと一緒に、細かな打ち合わせを繰り返してきました。

リアルな社員さんの悩みごと・困っていること、
そして求めているニーズを聞いていって、
完全なる“キムラユニティー様仕様”のカリキュラムを作成!



タイトルはこちら。
  
  キムラユニティー
『輝く女性のための“美文字”研修』

6

まずは“美文字チェック!”として、書く機会の多い「ひらがな」や「漢字」を例にして、
社員さんの書かれる現状の文字をチェックしました。

書けようが書けまいが、とにかく自分の力で実際に書いて頂きます。


そして、それを美文字に変えるコツをお伝えすることで、
“気づき”が生まれます。これが何よりも大切!

そうこうするやり取りは、結構盛り上がるから楽しいです。




そして次は、「会社名」の書き方のコツの説明!

ほぼすべての社員の皆さま、口を揃えて「会社名(カタカタ)がうまく書けない・・・」

とおっしゃっていました。


「キムラユニティー」を横書きでキレイに書くのは、かなり難易度が高いです!


これは字がうまい・ヘタではなく、書き方や魅せ方の“コツ”を知っているかどうか?
が大きなポイントなのです


ここで、私の横書きのとっておきのコツを、実際にホワイトボートに書きながら
説明を致しました。
皆さんが悩んでいることだったので、本当に誰もが真剣!

※写真は少しぼかしています
DSCN2859[1]




ただし、書き方のコツや理論は分かっても、練習して慣れなければ、

マスターはできませんからね!
書く機会が多い分、普段から意識して書くよう心掛けて下さい。

4


その他には、「大人っぽい数字の書き方」のコツを説明したのですが、
これも皆さん真剣に聞かれていましたね。


研修終了後、リーダーの方々と振り返りながら雑談をしたのですが、
皆さん「とても楽しかった」「役に立った」と言っていたということを教えて下さいました。


そのようなお声を頂けた理由は、
今回の研修は、リーダーの方々と細かく打ち合わせをして、
社員さんが求めるニーズをリアルにお聞きして、
それに応えることができたからだと思います。


有難いことに4月にも研修をさせて頂きます。

これはとても効果大!
前回の後追いができたり、次なる悩みなどを聞いて答えることができます。
また一度お会いしている分、リラックスして楽しく受講して頂くことができるはず。

今から楽しみで仕方がありません♪
さらに良いものにしたいです。

3


もし私が一方的に美文字の説明をしても、それは所詮「他人事」です。

私の想う研修とは、
・「他人事」をいかにして「自分事」に変えることができるか?
・いかに「気付き」と「きっかけ」を与えることができるか?

この2点に常にこだわっています。



セミナーや研修のご依頼がございましたら、
お気軽にメールかお電話でお問い合わせください。

事前にしっかりと打ち合わせをさせて頂きます。
一緒に良いものを作っていきましょう。

セミナー・研修のお問い合わせはこちらよりお願い致します。

 

« 前のページ

新着情報

カテゴリー

Skypeレッスン
アメーバブログ
美文字塾ブログ

メルマガ紹介動画

メルマガ登録はこちら

PAGE TOP